2011-12-26 映画『最終兵器・弓』で新人賞2冠王の栄誉に輝く!

女優ムン・チェウォンが映画『最終兵器・弓』で
新人女優賞2冠王を獲得した。

 

 

ムン・チェウォンは韓国映画界を代表する大鐘賞と青龍映画賞の
両祭典にて、新人女優賞受賞者として選ばれ、2011年最高の
期待新人として、注目を浴びている。

 

特に映画『最終兵器・弓』は、2011年韓国最高の興行作で、
観客動員数746万人を集めた作品だ。

この作品でムン・チェウォンはパク・ヘイル扮する主人公ナミの
妹ザイン役を演じ、清国の王子の前で刀を振り回すカリスマ溢れる
力強い女性の姿を熱演した。

 

ムン・チェウォンは今回の受賞に対して「参加できたことに意義を感じ、受賞は期待していなかった」と答え、「映画を愛していただいた皆様のおかげでこの場に立つ事が出来、心から感謝している、皆様とこのうれしさを分かち合いたい」と感想を述べた。


ムン・チェウォンは2011年ドラマ「姫の男」の大好評に継ぎ、映画『最終兵器・弓』の興行成功など、大活躍し、2012年の活動が注目されている。